http://blog.with2.net/ping.php/868023/1249543007

一日一回クリックお願いします。ランキングに参加してます。応援してください。

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ



株主優待 ブログランキングへ

ゆうパック(おてがる版)を使ってみた

Category: その他  

 はこBOONが8月で休止されてから、ヤフオクで売った品物をどうやって送ろうかと思っていました。
はこBOONはTポイントが使えて、発送したらポイントが貯まるので、品物を送るのに重宝していました。

はこBOONミニは残ってますが、配送に日数がかかって東京大阪間が4~5日、受取はコンビニだけですね。
サイズは45×35cmの専用袋に入れないといけないので、厚みのある品物は入るのかどうか、やってみないと分からないです。

そこで、今回はヤフオクシステムに組込まれている、【ヤフネコパック】と【ゆうパックおてがる版】を選択肢にしてみました。
ヤフネコパックはネコというだけあって、ヤマト運輸とヤフオクがシステム連携しており、ゆうパックおてがる版は日本郵便とヤフオクがシステム連携しています。
それぞれが品物の大きさにより【宅急便コンパクト】、【ネコポス】と【ゆうパック・おてがる版】、【ゆうパケット・おてがる版】に分かれています。
料金を比較しても、ヤマト運輸と日本郵便でほとんど差がないようです。
ネコポスとゆうパケットは、書籍程度の大きさを送るのに良いと思います。

今回落札者が選んだ発送はゆうパックおてがる版です。
はこBOONはヤフオク以外の品物でも送れましたが、ゆうパックおてがる版はヤフオクの発送専用となります。
サイズ的には普通のゆうパックと同じような感じで、60サイズの最低料金は610円⇒480円、東京⇒大阪間が810円⇒690円とけっこう安くなっています。
地域によるけど、全国一律料金の定形外郵便より安い場合が有ります。

 さて、ゆうパックおてがる版ですが、サイトを見ると7月ころからシステム障害のため、ローソンでの発送手続きができないと書いてあります。
手続きできるのは、私の住んでいる市では2箇所の大きな郵便局だけで、これは不便です。
田舎では車で何キロも走らないといけないのではないかと思われます。
幸い、私のところでは徒歩圏の郵便局に手続きできる専用プリンター(ゆうプリタッチ)が有ったので、歩いて行ってきました。

 ヤフオクで落札者が決済すると、取引ナビで二次元バーコードを発行できるようになります。
印刷またはスマホ画面でバーコードを表示して、郵便局の『ゆうプリタッチ』でスキャンすると送り状が印刷されるので、それを窓口に出すと係員が手続きをしてくれます。
発送連絡も自動的にされるので、簡単ですよ。
配送料金は システム利用料として、出品者に対し請求されます。

yuupuri1.jpg
yuupuri2.jpg




スポンサーサイト

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス



にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村
 2017_09_09

Comments


 管理者にだけ表示を許可する


10  « 2017_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
71位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
42位
アクセスランキングを見る>>

ご訪問くださったお客様数

現在の閲覧者数:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




pagetop