FC2ブログ


にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ



株主優待 ブログランキングへ

ゲンキーからお米が到着 楽天証券が日興に対抗策?

6月・12月権利優待到着
05 /14 2019
 12月権利のゲンキーの優待で選択したお米が2名義分到着しました。
他にも化粧品やサプリ、カタログギフトの選択肢があるんですが、この時期はお米が届かない季節なので注文してみました。
お米到着の平準化を図ってるつもりです。
化粧品やサプリは価格や原価がわからないですが、3000円相当のカタログギフトはヤフオクで2000円で買えます。
それに比較してコシヒカリ5kgはスーパーで買っても2000円以上と思うので、優秀だと思います。

DSCN0783[1]

 楽天証券が日興に対抗して、一般信用無期限の買方金利と貸株料を値下げしてきました。
一般信用で買い建てても当日に現引きするのが普通なので、買方金利は1日分だけですが、貸株料は何日も売り建てるのでインパクト大ですね。
無期限の貸株料は2.0%が1.1%と、驚愕の値下げと言ってもいいでしょう。
日興証券は信用管理費が無料ですが、楽天はこれまで通りに有料なので、単純比較は出来ないですが、コスト的には遜色が無いでしょう。

 これまでは楽天無期限は登録優待銘柄数が少なく、出たとしても優待権利日の1ヶ月ほど前には銘柄登録が無くなり、短期の方に移行するような感じでした。
これからは多くの銘柄を無期限に出して、短期に移行する前には在庫切れになるのかもしれませんね。
またまた早期取得に拍車がかかりそうです。

 他の証券会社はこれを見て、対抗策を出してくるのでしょうか?
カブコムは在庫量の多さという強みがありますが、SBIやGMOは貸株料3.9%では、2社に対抗できないでしょう。
松井やマネックスの一般信用って、まだやってたのという感じがしていますが?


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

kyouchan59

定年退職後、第二の人生を歩んでいます。
株の経験は長いですが、クロス取引は初心者です。
野菜作りも趣味で、サイトとブログを書いてます。