FC2ブログ


http://blog.with2.net/ping.php/868023/1249543007


にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村



株主優待 ブログランキングへ

ビックカメラから優待券が到着  トマトの水耕栽培を見学


 ビックカメラから、100株権利で2000円分の優待券が到着しました。
2月の権利は長期優遇がありませんが、それでも20万円以下の投資で2000円分を貰えるので、優秀な利回りになります。

DSC06236.jpg

 昨日は高槻市にある協和株式会社、ハイポニカ事業本部御中のハウスを見学に行ってきました。
早目の時間に到着したので、近くの今城塚古墳公園を見てきました。
埴輪祭祀場ではたくさんの埴輪を見ることが出来ます。
もちろん、本物ではないです。
何処の古墳もそうですが、前方後方墳とかの形はわからなくて、木が茂っているだけなので、写真はなしです。

DSC06220.jpg

 ハイポニカ事業本部のハウスの中では、サニーレタスが出荷直前まで育っています。
土で育てるより2/3位の期間で育てることが出来、病害虫がいないので無農薬で育てることが出来ます。
ほかにもリーフレタス、チンゲンサイなどが育っていました。

DSC06222.jpg

 トマトのハウスでは、ミニトマトが床の近くで赤くなっています。
始めは縦に枝を伸ばしてますが、枝が伸びるに従って横に枝をずり下げて、古くなった葉は切り落としてるので、床上50cm当たりに主枝がぐるぐると這い回って実をつけてるようです。
上の方は2mくらいまで枝葉が伸びていますが、脇芽は掻き取っているようでした。

DSC06235.jpg

 大玉トマトの写真の下に写ってる平たい水槽は2mくらいの高さですが、液肥が循環しており、根が浸かっております。
一粒の種から発芽した1本の苗で、最高17000個の果実が収穫できるそうです。(0の数は間違っていません!!!)
土耕栽培では根の伸びに限界が有るので、大玉トマトなら脇芽をすべて掻き取り、1株で20~40個を収穫するのが限界ですが、この水耕栽培なら脇芽を取らずに放任して伸ばし、1万数千個の収穫ができるんですね。
根がそれだけ能力の限り伸びている結果だと思います。

DSC06231.jpg

 電解質管理装置と行って、液肥の濃度を管理する機械です。
私が想像するに、液肥の濃度が下がれば電気を通しやすくなるので自動的に液肥の原液を混入し、逆に水分が蒸発して濃度が下がれば電気を通しにくくなるので水で薄めるのかなと思います。

DSC06226.jpg

 ハウスの中には虫がいない結果、受粉が不十分になるので、ミツバチを飼っているそうで、これは巣箱です。
トマトの花は風などの振動で花粉が落ちて受粉するもんですが、ハウスの中は風がないのでミツバチもいたほうが良いのでしょう。

DSC06229.jpg

 昨日は夏の暑さで、ハウスの中は真夏のようでしたが、いい勉強になりました。
今日の19時から楽天争奪戦なので、お目当ての銘柄を頑張って確保しましょう。
スポンサーサイト



最後までお読み頂きありがとうございました。
このブログはランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ



株主優待 ブログランキングへ

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス



 2018_05_16

Comments


 管理者にだけ表示を許可する


07  « 2018_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
68位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
株式
42位
アクセスランキングを見る>>

ご訪問くださったお客様数

現在の閲覧者数:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR




pagetop